プリザーブドフラワーで女子力アップ作戦

2014年2月5日

プリザーブドフラワーというものの存在を知ったのはつい最近のことです。会社の同僚の女の子が、芸能人ばりに綺麗で女子力高いイメージを保ち続けるので、お部屋のインテリアとかどんな感じなのかを聞いて「ちょっと一輪挿しのお花とか飾っているくらいだよ」と言われて、愕然としたのがキッカケでした。


プリザーブドフラワーならズボラ女子でも大丈夫

私の部屋にあるのなんて、ゲーセンで取って来た、数年前にブームが過ぎ去ったキャラクターのぬいぐるみぐらいでした。しかも飾ってないし、転がしてあるだけだし、いっそ捨ててあげた方が優しいんじゃないかって扱いでした。
こんな私じゃどうせ一輪挿しとか買っても、大して楽しむ間もなく枯らして、しかも枯らしたまま放置とかするに決まっている。そう思いつつも色々とネットで見ていたらプリザーブドフラワーに出会いました。


お手入れいらずという最高の魅力

なんと、プリザーブドフラワーはお水をあげなくていいどころか、むしろあげちゃいけないとのこと。日光に当てるのもNGだというし、朝起きてもカーテンを開けるのでさえ面倒くさい私には願ったり叶ったりでした。
やはり生花よりはちょっと高かったけど、1個買ったら何年ももつということを考えると生花よりプリザーブドフラワーの方が断然お得だと思ったのですぐに購入。
たまに思い出したように外側のケースをティッシュでホコリを払うだけでOKという、ズボラなのにいつまでも可愛いなんて最高です。

Filed under: プリザーブドフラワー


最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー