アーカイブ – 2月, 2014

贈り物に人気のプリザーブドフラワー

母の日を始めとし誕生日や結婚祝い、出産祝いや開店祝いなどお祝いから、お見舞いやお供えとして贈られることも多いお花にはたくさんの種類があります。あらゆる用途の中から、人気を集めているのがプリザーブドフラワーです。


プリザーブドフラワーの種類

店頭でもよく見られるプリザーブドフラワーは、陶器や箱に飾られているものだと思います。プリザーブドフラワーのデザインは豊富で、籠や額などに入れられているものもあります。時計の周りにお花を添えたり、写真立てやアクセサリーなどを入れるケースにお花を添えたりと多種多様であります。生花で人気がある一輪バラの花をプリザーブドフラワーにて作成したものもあり、赤色だけでなく青色や黄色、ピンクやオレンジなど好きな色を選ぶことができます。


喜ばれるプリザーブドフラワーギフト

プリザーブドフラワーは生花と違い、お水をあげたりお手いれしたりする必要はありません。忙しい方や留守が多い方でも気兼ねなくお花を飾ることができます。生花と違いプリザードフラワーは、1年から3年は鮮明なままで楽しむことができます。お手入れが不要で長持ちする美しいプリザーブドフラワーは、贈り物として大変喜ばれる品の一つです。結婚式のブーケにも使用されることがあるプリザーブドフラワーは、これからも幅広い用途で人気を高めることでしょう。

コメントする 2014年2月19日

ウエディングで人気の高いプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは特殊な液体に花弁を漬けて、まるで生花のような質感を保った花びらを加工して作り、染色したものです。このお花は生花と比較すると値段は加工処理の分だけ高くなっていますが、花粉なども飛ばず、適温で保存すれば5年以上長持ちすることから、ウエディングでも重宝されているそうです。


花嫁のブーケをプリザーブドフラワーで

過去はブーケを投げるものという習慣がありましたが、現在は晩婚化が進んだこともあり、ブーケトスがなくなっているそうです。記念にブーケをばらして、そのお花を披露宴に来場したゲストに配る、記念としてブーケを取っておくという人たちもいるそうです。プリザーブドフラワーはデザインが完成しているものもありますが、予算に合わせてオリジナルのブーケを作成することも可能です。プリザーブドフラワーは後から人工的に染色するので、実際にはない色や、発色させることが難しいお花もきれいに再現できます。


ウエディングギフトとしてもらって嬉しい

ブーケだけでなく、ベールなどにも使うことができます。お花が傷む心配がないので、事前に準備ができますし、照明などで式の間に枯れてしまうという心配もありません。お友達で新婦にヘッドピースやベールを作ってプレゼントして一生の記念にというプレゼント多いそうです。テーブルなどの飾りにしても枯れる心配をせずにセッティングできるのはうれしいですね。

コメントする 2014年2月6日

プリザーブドフラワーと誕生花

自分の星座や誕生石などは意外と知っている人も多く、興味のある人は自分以外の人の星座や誕生石などをすらすら言える人もいると言います。ところで皆様は誕生花という概念をご存知ですか?言ってしまえば誕生石のお花バージョンですが、月毎に設けられている花の他に実は366日毎日違う花が設定されていると思います。誕生日の贈り物としても人気なプリザーブドフラワーを贈る際は誕生花から選んでみるのも一つの手です。


各月の誕生花

例えば1月の誕生花は水仙とシンビジウム、2月はマーガレットとフリージア、3月はチューリップとスイートピーといった花が誕生花になっています。また4月はカスミソウとミヤコワスレ、5月はカーネーションとスズラン、6月は薔薇とグラジオラスと続き、7月は百合とトルコキキョウ、8月はアンスリウムと向日葵、9月はリンドウとクジャクソウとなっています。また10月はオレンジバラ、11月はガーベラ、12月はストレチアとカトレアが誕生日花になっている他、月単位ではなく日単位では品種の色まで細く指定されています。


プリザーブドフラワーを選ぶ上での問題

ただこれらの花は残念ながら全てがプリザーブド加工されているわけではありません。例えばバラやガーベラ、かすみ草やカーネーションなどはよくプリザーブドフラワーで使われていますが、なかなか向日葵などは技術的に難しくお店では売ってないと言います。もしかしたら選んだお花を使った商品が見つからない、という事があるかもしれません。

コメントする 2014年2月5日

プリザーブドフラワーと花言葉

プリザーブドフラワーとは言えお花はお花、もしどんな花を送ろうか迷った時はそのプリザーブドフラワーに使われている花が持つ花言葉に頼ってみるのも一つの手です。またプリザーブドフラワー自体が長期間に渡って枯れない、朽ちないといった性質を持っている為、使われている花に関係なく例えば結婚祝いや還暦祝い、意中の異性や開店祝いなど長続きする事を祝う祭事の贈り物として適していると言います。


薔薇の花言葉

技術的に量産が難しい等の理由がある花も中にはありますが、プリザーブドフラワーでよく使われている花というのはどうしてもある程度人気の花に傾向が偏っています。例えば薔薇はプリザーブドでも非常に人気の高い花となっています。薔薇といえば花言葉は愛や美の象徴といったニュアンスが強く告白などでよく用いられる印象ですね。また薔薇は色によって花言葉が少しずつ異なり例えば赤は愛情や情熱、ピンクは上品でしとやか、白は尊敬、そして青は元々生成が不可能と言われていた為、夢の実現や奇跡といった意味があるそうです。


プリザーブドフラワーでよく見るお花

またバラ以外となると例えばデンドロビューム(デンファレ)などもよく使われている花だと言います。白を基調としたこの花にはお似合いの二人、可憐といった意味がある為結婚式の贈り物等に人気です。またダリアには感謝の気持ちを表す意味が、ガーベラには神秘という意味が、そして紫陽花には家族の結びつきを示す意味があると言います。

コメントする 2014年2月5日

プリザーブドフラワーで女子力アップ作戦

プリザーブドフラワーというものの存在を知ったのはつい最近のことです。会社の同僚の女の子が、芸能人ばりに綺麗で女子力高いイメージを保ち続けるので、お部屋のインテリアとかどんな感じなのかを聞いて「ちょっと一輪挿しのお花とか飾っているくらいだよ」と言われて、愕然としたのがキッカケでした。


プリザーブドフラワーならズボラ女子でも大丈夫

私の部屋にあるのなんて、ゲーセンで取って来た、数年前にブームが過ぎ去ったキャラクターのぬいぐるみぐらいでした。しかも飾ってないし、転がしてあるだけだし、いっそ捨ててあげた方が優しいんじゃないかって扱いでした。
こんな私じゃどうせ一輪挿しとか買っても、大して楽しむ間もなく枯らして、しかも枯らしたまま放置とかするに決まっている。そう思いつつも色々とネットで見ていたらプリザーブドフラワーに出会いました。


お手入れいらずという最高の魅力

なんと、プリザーブドフラワーはお水をあげなくていいどころか、むしろあげちゃいけないとのこと。日光に当てるのもNGだというし、朝起きてもカーテンを開けるのでさえ面倒くさい私には願ったり叶ったりでした。
やはり生花よりはちょっと高かったけど、1個買ったら何年ももつということを考えると生花よりプリザーブドフラワーの方が断然お得だと思ったのですぐに購入。
たまに思い出したように外側のケースをティッシュでホコリを払うだけでOKという、ズボラなのにいつまでも可愛いなんて最高です。

コメントする 2014年2月5日

プリザーブドフラワーは色で選んでみよう!

今人気を誇っているプリザーブドフラワーですが、まだご存知ない方も多いのではないでしょうか?
プリザーブドフラワーは永年保つことのできる新しいタイプのお花となっています。
水遣りの手間を省くことが出来ますので非常に保存がしやすいかと思いますのでおすすめです。
でも、何を基準にして選んだら良いのか分からない方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時は色で選んでみるのはどうでしょうか?


プリザーブドフラワーはカラーが豊富!

カラーバリエーションが豊富ですので、ご自分のお好きな色から選ぶのでも良いかと思いますよ。
また、生花にはない珍しい色のお花も取り扱っているみたいですのでそういったものを購入されて飾るのもとても素敵で良いかと思います!
変わった色でしたら、きっと友人などの目を引きますしお部屋のアクセントにもなるかと思います。


お花の種類も豊富なんです!

カラーバリエーションも豊富ですが、お花の種類も豊富ですのでお好きなお花から選ぶこともできます。
例えばバラが好きだからバラを、カーネーションが好きだからカーネーションをといった選び方もできますのでこちらから選ぶのもお勧めです。
お花と色どちらを優先するかによっては飾られる場所の雰囲気なども変わってくるかと思いますので、楽しくなってきますよね!

コメントする 2014年2月5日

プリザーブドフラワーの取り扱いについて

プリザーブドフラワーが「魔法の花」「不思議なお花」と言われているのには、いくつか理由があるのです。その全てをご紹介しましょう。


プリザーブドフラワーの秘密

まず最大の特長である「ずっと枯れない」というポイントについてお話します。
プリザーブドフラワーは、生花に特殊な薬品を使って加工しているものです。造花ではないので、永久に在るわけではありません。しかし1週間から10日ももてば良い方の生花から比べれば驚異的なほどに咲き続けます。
平均して3年と言われていますが、7年、10年枯れなかったという話も珍しくはありません。何せ生花、ごく普通の生き物なので、1輪ごとに個体差があり、元々の生花自体の生命力があまり強くない場合や、プリザーブド加工用の薬品との相性がイマイチだという場合もあります。それは外から見ているだけの人間には見極めが難しいので、3年未満で枯れてしまう可能性もありますし、10年以上もつ可能性もどっちも同じぐらいあるとしか言えないのです。


取り扱いについて

さらにお花自体の個体差だけでなく、取り扱い次第では寿命が縮んでしまうこともありえます。プリザーブドフラワーは、生花とは正反対で、お水と日光にはとても弱いのです。可愛くアレンジされた商品が多いので、窓辺に置きたくなる気持ちも分かるのですが、お花の色が褪せる原因になりますので、出来るだけ日光からは遠ざけ、水がかかる可能性のある場所も避けましょう。

コメントする 2014年2月5日


最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー